親知らずの抜歯

寺辺歯科医院と言えば「親知らずの抜歯」!「上手に親知らずを抜いてくれる」という評判が、口コミで広がったんですかね(笑)

親知らずの抜歯は、まず親知らずが歯列の一番奥にあると言う事で大変視野が悪く、また抜歯器具の使用方向が制限される事。そして下顎の場合は周りが硬い骨に囲まれているため普通の浸潤麻酔と言う手法ではなかなか十分な麻酔効果が得られないなどの理由から、患者様にとって治療時間が長くなり痛みを伴う事が一番の苦痛なのではないでしょうか。
ですから「親知らずの抜歯はとても時間がかかった、とっても痛かった」とおっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。 しかし当院では、確実な麻酔効果の下、できるだけ時間をかけずに抜歯を行います。これは、長年の経験(今まで約2000本の埋伏智歯抜歯経験)と専門医ならではの技術といえます。 もちろん、早ければ良いというわけではなく最小の侵襲で行う事を心がけております。

親知らずの抜歯の必要性について

当院では、親知らずを無理に抜歯する必要はないと考えています。特に骨の中にもぐっている場合や斜めに生えて前の第二大臼歯にぶつかっている様な親知らずは抜歯のために周囲の骨を削ったりするため大きな侵襲が加わることで、下唇の麻痺や開口障害など大きな機能障害につながるリスクがあります。
ですから日常生活に支障がない限り、無理に抜歯する必要はありません。 ただし、一度でも腫れたりすると、お薬を内服する事によりその腫れが引いたとしても、それは急性炎症が慢性炎症に移行しただけで治癒したわけではありません。ですからそのあとは慢性と急逝を繰り返すだけであり、場合によっては急性骨膜炎等、重篤な疾患に波及する場合もありますので、抜歯をお勧めします。

親知らずが痛くなった際の応急処置について

一番は歯科医院に早くお越しいただくことです。すぐに行けない場合は、氷水を口に含むなどして、口の中を冷やしていただくことが一番効果的かと思います。炎症は熱が出るので、冷やす事は消炎作用があり、また冷たさで口の中がしびれて痛みが和らぎます。 痛み止めのお薬を飲むのも有効です。

親知らずの豆知識

親知らず(専門用語で智歯と言います)とはちょうど人が成人となる頃に萌出し、その頃に親を亡くす事から名づけられたとも言われています。即ち永久歯の中で最後に萌出する歯で、定位置にうまく萌出すれば長く年を取るまで使用できる歯ですが、どうして世間では厄介者扱いをされるのでしょう?
それはほかの歯に比べ色々な症状を起こすからだと思います。
その症状の原因の一つにうまく定位置に生える事が出来ずに中途半端になってしまっている所にあると思います。
ではなぜ中途半端になってしまうのでしょうか?
卑弥呼の時代に比べ現代人の顎は小さくなっているからです(発掘されたその頃の人骨の顎は大きくしっかりとしていて親知らずまでちゃんと生えていました)。
食生活の変化から現代人は硬い食物を食べなくなり、噛む回数が減少したためと言われています。顎が小さくなり、歯の大きさは同じ、どうなりますか?最後に生えてくる親知らずの生える場所が無く、生えてくる事が出来ず骨の中に留まったままであったり(親知らず全てが骨の中にある場合はあまり悪さはしないので良いのですが)、一部が口の中に顔を出し、歯肉がかぶって斜めになってしまっている事があります。一番悪さをするのがこの状態の親知らずです。
上手く歯ブラシが出来ず、周囲が不潔になり歯肉に炎症を起こしたり、虫歯になったりします。これが親知らずが社会的に厄介ものにされる理由でした。こうなると残念ですが、もはや親知らずを抜かないと症状の寛解はあり得なくなってしまします。ですから当院に親知らずの不調を訴えて来ていただいた患者様のほとんどは抜歯となっています。もちろん歯肉を切除したり虫歯を処置して対処できるものは致しますが、その数が非常に少ないのが現実です。

歯を抜いた後はかなり痛いですか?腫れますか?

上よりも下、前よりも後ろ。これは歯を抜いた後の合併症の起こりやすい順番です。上顎の前歯が一番合併症が少なく、下顎の一番後ろ、即ち下顎の智歯を抜いた後に一番合併症が起こりやすいと言う事です。では具体的にどのような合併症が起こるのでしょうか。
起こるかもしれない合併症をすべて書いてみましょう。先ず痛みがあります。当然と言えばそれまでですが気になるのはその程度です。
抜歯後いつも毎食後服用する鎮痛剤のほかに頓服として鎮痛剤をお出ししますが、頓服を1~2回の服用で自制可能と考えられます。
次に腫れについてですが大きく腫れることは稀ですが、必ず腫れると思ってください。
それとともに頬の方に強く腫れますと口が開きにくくなります。即ち開口障害が発生しますが開口訓練で腫れが引くと共に、消退します。また喉の方に強く腫れますと風邪をひいた時のように喉が痛くなり、食物が飲み込みにくくなりますが、これも炎症が引くと共に消退します。
厄介なのが骨の中に強く炎症が波及した時です。下顎の智歯の近くには下顎神経が走行し、その神経の近くにまで炎症が及ぶと神経の圧迫症状すなわちその神経が支配する領域に麻痺がおこります。
下唇を中心にオトガイ部に麻痺感が発生し、その麻痺は1週間ほどで消退する場合も有りますが、消退までに半年から1年を要する事も有ります。
その発生する率については定説はありませんが、私の経験からすると、今まで大学病院に勤務していた頃も含めますと1000本ほどの下顎埋伏智歯を抜いていますが、経験した強い麻痺の症例は3例ほどで単純に計算するとその確率は0.3%で、それが多いか少ないかは考え方によるものと思われます。
ここにあげました合併症はすべて起こるわけではありません。その程度が小さければ“良かったね”と思ってください。いずれにしろ下顎の智歯の抜歯は大変難しくその合併症も重篤となる場合もあり、安易に行うものではないと思います。
しかし抜歯しなければその症状の寛解がない事からそれを避けて通る事はできません。起こるかもしれない合併症についてよく理解をし、仕事や日常の生活において良く準備をし合併症が起こっても良い環境を準備してから処置を受けられる事をお勧めします。

所要時間 30分程度(症状によって異なります)
麻酔について 局所麻酔のみ(浸潤麻酔と伝達麻酔)
※場合によっては吸入鎮静法もしくは静脈内鎮静法を併用
痛みについて 処方されたお薬で自制可能
費用 保険3割負担として約5,000~6,000円