歯科恐怖症の方へ

当院では、歯医者さんに行けない、けど歯の治療をしないといけない、と藁にもすがる思いで電話やメールをいただき、話していく中で治療を行えるようになる方が多くいらっしゃいます。

患者様がなぜ歯科恐怖症になってしまうのか

それには、さまざまな原因が考えられます。漠然とした医療行為への恐怖心や、医師への不信感もあるでしょう。
また、過去に歯科医に強く叱られた経験がある方も少なくないと思われます。 こういった恐怖心は、簡単に取り除けるものではありません。ましてや、無理やり治療をしようとすれば、その恐怖心はより大きなものになってしまいます。
当院では、患者様と何度も話をし、コミュニケーションを取り、心を通わせることを重視しています。
患者様が、気持ちよく治療に臨めるようにまで、根気よくお待ちします。 たとえ治療を行わなくても、何度も通院してくださって構いません。その中で、少しづつ信頼関係を築いていけば、いつかは「よし、治療しよう」と決意してくださるはずです。

歯医者さんに行けない大きな原因

1歯科恐怖症になってしまった

怖い、行きたくない、と本人でさえ明確な理由なく、歯医者さんに恐怖を感じていらっしゃる方がいらっしゃいます。大抵の場合、過去の歯医者さんでの不快な経験が心的外傷(トラウマ)となって、歯医者さんそのものを嫌いになっています。

2嘔吐反射がある

歯型を取る際の型材を口の中に入れることができない、奥歯のレントゲンを取ることができない、歯ブラシを口の中に入れることができないから磨けない、など症状によっては様々です。

3パニック障害がある

強烈な不安感に襲われ、心拍があがり、発汗や吐き気、震えなどといった症状が表れます。1度でも歯医者さんでパニック障害を起こしてしまった方は、それが心的外傷(トラウマ)になり、余計歯医者さんから遠ざかってしまいます。

4麻酔技術に問題が有り痛いことへの恐怖心がある

歯科治療において全く痛みが出ない、と言うことはありません。できるだけ痛くない治療は麻酔の技術も要します。

ご紹介の麻酔科医へ

5信頼できる先生に巡りあえていない

痛みと信頼関係は密接な関係にあります。質問させてくれない、不安が取り除けていない、どんな治療をするか教えてくれない、痛がると怒る、納得していないのに治療を進められる、そんな状態での治療は痛みが倍増するだけです。



これらの全ての問題において、寺辺歯科医院では治療にあたってきています。
経験は豊富ですので安心して、まずはメールでも結構ですのでお問合せください。

歯科治療を不安に感じていた患者様とのエピソードを紹介しています

処置を行う時は、必要に応じて、笑気ガスを吸入する笑気吸入鎮静法と、血管内に鎮静薬を点滴注射を行う静脈内鎮静法の2つの精神鎮静法を用います。これらの鎮静効果により、治療に対する不安感や恐怖心が和らぎ、嘔吐反射のある方にも強い効果を発揮します。

静脈内鎮静法

※ひときわ恐怖心が強く、そのために治療に踏み切れないと、不自由な思いをしている患者様に利用いただいています。

精神安定剤を静脈に点滴をしていく方法です。
静脈内鎮静法を使用するときは、歯科麻酔専門医の元で行いますので、より安心して治療を受けていただくことが可能です。実際に体験された方には、非常に高い満足度で、「いつの間にか治療が終わっていた」という方がほとんどです。

  • 歯科治療が本当に嫌いな方、治療をするとすぐに具合が悪くなる方
  • インプラントや親知らずの抜歯、小手術などを受けられる方
  • 短期間で早く治療を終えたい方
  • 嘔吐反射の強い方

には特におすすめです。興味のある方は院長・スタッフにお声掛けください。

笑気吸入鎮静法

小さなマスクを鼻に固定し、そこから笑気ガスが少し入った酸素との混合気を吸っていただきます。

  • ゆったりした楽な気分で治療を受けたい
  • 痛みを感じたくない
  • 治療時間を短く感じたい

という方におすすめです。