口腔外科・口腔ガン

口腔外科とは?

口腔外科専門医を有する院長の専門分野です。口腔外科では口の中だけに関わらず、顎や顔面並びにその隣接する組織に表れる疾患を扱います。

豆知識・・・! へ

主に

  • 顎の中や軟組織にできる嚢胞
  • 口を開けることができないなどの顎関節の疾患
  • スポーツや交通事故に伴う顔面外傷や、歯牙外傷、顎骨骨折
  • 口の粘膜に発生する腫瘍(良性・悪性ともに)
  • 顎変形症
  • 口蓋裂、口唇裂などの先天異常
  • 歯牙移植や再植
  • 顔の神経痛

などが上げられます。
入院治療が必要な場合や、特殊な治療が必要な場合は大学病院と連携を取っておりますのでご紹介いたします。

口腔ガンの自覚症状とは・・・?

口腔がんは「痛みが出ると、もう遅い」と言われています。つまり早期発見が非常に重要です。
自分で鏡を使ってセルフチェックをしてみましょう。少しでも自覚症状がある場合は、診察を受けることをお勧めします。 唇や歯肉、舌などの一部にしこりがあったり、変色している場合は注意しましょう。また、運動障害、味覚障害などが出る場合があります。
早期発見に努め、早期の小さながんであれば、単なる切除手術で済みます。しかし、進行するほど治療が困難になります。 進行がんになると、わずか1cm四方のがんでもその周囲の広い範囲を切り取る必要があるので、口腔内の機能が失われたり、形態が損なわれる可能性もあります。

セルフチェック!

定期的に鏡で自分のお口の中を見てみましょう。

  • 唇、歯肉(上下)
  • 頬、歯肉(内外)
  • 口蓋
  • 舌(表裏)
  • リンパ節

をしっかりと見てください!

  • 白っぽいできものがある
  • 赤くただれている
  • 硬いしこりがある
  • 舌が動かなくなった
  • 口が開きにくくなった
  • 下唇や舌がしびれる

はありませんか?1個でも当てはまれば疑いましょう。

その他に、

  • タバコを吸う習慣がある
  • 口内炎が2週間以上治らない
  • 抜歯した傷が治らない
  • 噛んだ傷が治らない
  • 入れ歯が当たってできた傷が治らない
  • 歯が浮くような感じがする

これらに当てはまる場合も、一度検査を受けることをおすすめします。