当院のご紹介

歯科医師

寺辺 勝之

経歴

1952年 津市に生まれる
1977年 日本歯科医科大学卒業
1977年 第61回歯科医師国家試験合格
1977年 日本歯科大学口腔外科学教室第二講座入局
1983年 康生省離島診療班沖縄県北大東島出張
1987年 歯学博士号取得
1988年 日本歯科大学口腔外科教室講師
1990年 日本口腔外科学会専門医認定
1991年 日本歯科大学口腔外科学教室第二講座退局
1991年 日本歯科大学口腔外科学教室非常勤講師
1991年 日本歯科医師会入会
1993年 日本歯科大学口腔外科学教室非常勤講師退職
1993年 医療法人健人会設立 寺辺歯科医院開業
1996年 社団法人津歯科医師会理事就任
2002年 社団法人津歯科医師会副会長就任
2005年 社団法人津歯科医師会会長就任
2008年 社団法人津歯科医師会議長就任
2009 年 社団法人津歯科医師会議長退任 現在に至る

所属学会

  • 日本口腔外科学会
  • 国際口腔顎顔面外科学会
  • 日本口腔科学会
  • 日本頭頸癌学会
  • 日本顎関節学会
  • 日本顎顔面インプラント学会
  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本再生歯科医学会
  • 日本歯科医学会
  • 日本口腔外科学会認定 口腔外科専門医

院長先生インタビュー

大学を卒業して歯科医師としてかれこれ40年。寺辺先生が考える歯科治療に対しての想いや悩みを抱えている方々に伝えたいことをお聞きしました。

寺辺歯科医院が目指す歯科医院を教えてください

歯の病気は、虫歯にしろ歯周病にしろ、少しづつ進行していきます。その意味で、歯科の患者さんに本当の意味での「急患」はありません。 歯が痛くなる前に、前兆がいくつもありませんでしたか?その時点で治療をしておけば苦しまずに済んだはずなのです。
そのような苦しみを患者様が味わうことがないよう、予防歯科の啓発に力を注ぎ、適切なお手伝いをするのが私たちの仕事だと思っています。また、胃や腸と違ってお口の中は自分で見ることができお口の健康は誰でもセルフチェックができるので、ぜひ行っていただきたいです。 そして少しでも変だな?おかしいぞ?とお感じになる事がございましたら、何でも相談できる身近な「まちの歯医者さん」として、お気軽にご来院ください。

患者様にはどのように「歯」と向き合って欲しいですか?

患者様には、歯や歯ぐきに何か異常があった場合は見せに来て欲しい

まず、自分のお口の健康に関心を持っていただければと思います。 お口の中は、胃腸や心臓などの臓器と違って、自分の目で見ることができます。医学的知識がなくても、見た目で異常を発見しやすい場所なのです。 お口の中を見て、歯や歯ぐきに何か異常があった場合は、すぐに最寄りの歯科医院に足を運びましょう。また、見た目には異常が認められなくても、半年に1回は定期検診をされることをお勧めしています。 反対に、お口の健康に関心を持たない人にはなっていただきたくないのです。治療のタイミングが遅れるほど、大掛かりな治療が必要になります。抜かずに済んだ歯を、治療が遅れたために抜かなければならなくなるかもしれません。

忙しい、嫌いだから行きたくない、お金がかかる、怖い、を理由に治療を途中で止めてしまう方には? 

自然治癒しないことを理解してください。患者様の要望に答えますので、あなたの意見をまずは聞かせて欲しい

通院を治療途中で辞めてしまう方、辞めてしまった方にも少しの時間でいいから来て欲しい。医療技術の進歩により、現代は「ガンでも治る時代」です。 しかし、歯の病気は違います。一定以上進行してしまった虫歯は、絶対に自然治癒しません。どんどん状態が悪くなっていくばかりです。 治療を途中で辞めてしまった場合、それ以上に良くなることはありません。 永久歯は二度と生えてきません。治療を再開されることを強くお勧めします。

「口腔外科専門医」と聞くと永久歯の治療や、難しい治療に長けていると感じるのですが、子供の治療も対応いただけますか?

安心してください。長年の経験で歯医者嫌いな子供も積極的に治療していますよ

お子様が患者様の場合、当院では、お子様が自分から治療を受けようという気持ちになるまで、じっくりと時間をかけ治療の開始を待ちます。そのために最初は院内にあるおもちゃで遊んでいただき、スタッフと仲良くなって医院の環境に慣れていただくようにしています。 お母様の中には、「早く治療を」と、しびれを切らす方がいらっしゃいますが、ここが我慢のしどころです。初日は治療をせずに帰られることも少なくありません。 お子様から自発的に口を開けていただけるまで待つことが大事です。治療への抵抗がなくなれば、歯科医院を怖がるお子さまもいなくなると思います。

寺辺先生が歯科医になって1番嬉しかったことを教えてください。

人と人との付き合い、たくさんの人に出会えたことですね

開院以来、20数年間で約6,000人の患者様の治療に当たってきました。 小さなお子様からお年寄りの方まで、いろんな方との関わりができたことが、一番嬉しいことです。 地元の津市はもちろん、伊勢や四日市、桑名など遠方からも通院されています。 治療をするには、患者様のことをよく知る必要があります。患者様と頻繁にコミュニケーションを取り、信頼していただけているから、治療も長続きすると思います。人と人とのお付き合いを通して患者様を診る、これをなし得た時一番の喜びを感じます。

最後に、長年の経験を経て、これからの歯科治療についてお考えを教えていただけますか。

歯やお口の健康は、QOL(クオリティ・オブ・ライフ=人生のクオリティ)において大変重要です。 何歳になっても、健康な歯でおいしいものを食べたいという願いは失われません。 そのためにも、予防医学に力を入れ、また不幸にもお口の健康を失ってしまった場合には再生医療など時代の先端を行く治療法などを駆使しお口の健康を取り戻し、「患者様のためになる」歯科医院でありたいと思います。

当院の麻酔医

高杉 嘉弘 先生

日本歯科麻酔学会認定専門医 院長が以前勤務していた大学病院の麻酔科のドクターでした。現在は、近畿大学麻酔科の先生です。 毎月1回、当院に来院します。 静脈内鎮静法を使用した、安心で痛みのない麻酔のエキスパートです。

経歴

1978年 日本歯科大学歯学部卒業
1986年 日本歯科大学歯学部歯科麻酔学教室講師
2001年 近畿大学医学部麻酔科学講座講師

著書

  • おさえておきたい全身疾患のポイント(学建書院)
  • 歯科診療で知っておきたい疼痛管理と全身管理の基本(学建書院)
  • 歯科診療で知っておきたい全身管理の知識と対応(学建書院)
  • 歯科麻酔学サイドリーダー(学建書院)
  • 歯科臨床医のための疼痛管理と全身管理の基本(学建書院)
  • 日常臨床における全身管理の指針(住友雅人共著)(デンタルフォーラム)
  • 歯科麻酔マニュアル(柬理十三雄編)(南山堂)
  • 有病者・高齢者歯科治療マニュアル(上田裕ほか編)(医歯薬出版)
  • 臨床研修医のための鎮痛・鎮痛薬ハンドブック(奥田隆彦ほか編)(真興交易)
  • 最新ラリンジアルマスク(安本和正編)(克誠堂出版)
  • 麻酔実践テキスト(武田純三ほか編)(南江堂)
  • 手術に欠かせない臨床麻酔のスキル(古賀義久編)(真興交易) 他
院長からの一言

医療ドラマで見る麻酔医は色々な薬剤を駆使して患者さんの窮地を救っていくかっこいい役が多く、確かに手術中の全身状態の管理において麻酔医の実力が最後の砦となることもありますが、実際はどうでしょう。手術のお礼を執刀医に言う患者さまはいますが、麻酔医に言う人はほとんどいません。でも、何の苦痛も痛みも感じることなく手術が受けられるのは誰のおかげでしょう。痛みを無くし全身を管理するのは当たり前の事であり、今から手術に向かうどうしよもない患者さまの不安を理解し少しでも和らげようと努力するのが、本当の麻酔医の仕事と言っても過言ではないと思っています。「患者さまの不安を無くし精神的に惹起される症状を無くし余計な薬を使用しなくてもよいようにする」これが彼のポリシーでとても頼もしい麻酔医です。精神的にそして全身的に病気があり、歯科治療に対する不安の為、なかなか受診のきっかけがつかめない方、一度高杉先生とお話しされてはいかがでしょう。

医院情報

診療時間

 
9:00~12:30 /
14:00~18:30 / / /

※●9:00~10:30 ▲9:00~12:30
※休診日は木曜午後、土曜日午後、日曜、祝日です。

アクセス

住所 〒514-0004
三重県津市栄町4丁目249 KENTビル2F
電話番号 059-228-3623
アクセス JR線・津駅・東出口徒歩6分
国道23号線沿い KENTビル2F
詳しくは地図をご覧下さい。