一般歯科・予防歯科・歯周病

どの治療に置いても患者様の要望を、まず明確にします。

第一に考えるのは、患者様がどうしたいのかを明確にし、その希望に最大限沿うことです。
たとえば、虫歯を削って被せ物をしたい方もいれば、逆に今のままの状態をなるべく残したい方もいます。 多岐のわたる治療法の中から、今までの経験と口腔外科専門医としての知識から、いくつかの治療法を上げ、その治療法のメリット・デメリットをお話しし、患者様ご自身に治療法を選択していただいています。

虫歯治療

歯医者さんの中でも一番多くの来院理由となっている「虫歯治療」
虫歯は急に進行することはなく、長い年月をかけ、徐々に進行していきます。ごく初期の段階を過ぎてしまうと悪化の一途をたどります。歯は一度悪くなってしまうともとの状態には戻らない認識を皆さまに持っていただきたいです。また、虫歯を放置しておくことで、痛みや不快感があることはもちろん、最終的には大切な歯を失うことになります。早期発見・早期治療を心掛けましょう。

歯周病治療

こんな症状はありませんか?

  • 歯磨きをすると歯茎から出血がある
  • 歯肉が赤く腫れている
  • 朝起きた時に口がネバネバする
  • 口臭が気になる
  • 食べ物が歯の間にはさまりやすい

歯周病は、歯肉に強い炎症を起こし、歯肉や歯が植わっている骨(歯槽骨)が歯周病菌に侵されいく病気です。 歯周病を放置しておくと歯肉が真っ赤になり、古いトマトのようになり、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病に完治はありません。上手に付き合って行くために

歯周病の原因は、歯周病菌という細菌です。歯周病菌は歯や歯ぐきのすき間などに溜まった汚れに住み着きます。再発を防ぐためには、しっかりとブラッシングして、お口の中を清潔に保つことが一番です。 また、定期健診を受けましょう。そのときに重要なのがPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning=専門家による機械的な歯面清掃)です。歯ブラシ等で自宅ではどうしても取り除く事ができない歯の汚を取る事ができます。 定期検診は、できれば3ヶ月に1回、少なくとも半年に1回は受けておきましょう。

歯周病は糖尿病など生活習慣病とのかかわりが現在注目されています。歯科医院でお口の検診を受けると共に、健康診断を受け体の健康状態に注意を怠らない事も大切と考えます。もし最近の健康診断結果(血液検査所見等)がございましたらお持ちいただく事をお勧めいたします。

口臭が気になる!は歯周病かも?

口臭は、歯周病の分かりやすいサインの一つです。口臭のある方は歯周病にかかっている可能性がありますので、早めに歯科医院に受診しましょう。 また口臭は、上部消化器管の疾患が原因の場合もあります。歯科と同時に内科を受診した方がよい場合もあります。

予防歯科

永久歯は、二度と生えてこない大切なものです。しかし、歯が痛くなってからの治療は、虫歯がかなり進行してしまっているため、歯を削ったり抜歯したりする治療しかできません。そうならないための予防が、実際は大切なのです。 そのためには、日頃からお口の中を観察し、虫歯の有無をご自身の目で確かめることが大切です。しかし、目には見えなくても虫歯になりかけている歯もあると思います。そのために、歯科医院での定期検診を受けましょう。出来れば3ヶ月に1回、すくなくとも半年に1回は検診を受けましょう。そして同時にPMTCやブラッシング指導を受けましょう。

患者様に予防について理解・実行していただくために

当院では、患者様が虫歯や歯周病について理解していただくことから治療が始まると考えています。なぜなら、病気のことを理解していただかないと、治療の大切さも理解してもらえないと考えるからです。 そのために、急性症状のある時を除き、最初の治療時間は、病気の説明と理解に費やされます。そのため治療の前段階でその趣旨を理解していただけず来院を中止される方もいらっしゃいますが、この時間が次回以降の治療につながるものであれば、非常に有意義だと考えます。