入れ歯・インプラント

歯を失ってしまったら早めに欠損部分を補う治療が必要です

虫歯や歯周病、事故、衝撃などさまざまな理由で歯を失ってしまった場合、欠損を補う処置に義歯(入れ歯)、ブリッジ、インプラントがあります。歯の欠損は、そのままにしてしまうと咬み合わせがアンバランスになってしまい、他の歯へ影響が出てきますので、早めの治療をおすすめします。
それぞれの治療法に、メリットデメリットがありますので、まずは来院いただきあなたの状態に合わせた最適な治療を提案させていただきます。

不慮の事故で抜けてしまった/欠けてしまったときはどうしたらいいのですか?

歯が抜けてしまった場合は、水で洗わず歯牙保存液に、なければ水もしくは牛乳に浸けて歯科医院までなるべく早く持ってきてください。水や牛乳が用意できない場合は、口の中に入れて持ってきてください。とにかく、乾燥させないことです。 また、むやみに触ったり洗ってしまうと、歯根膜が損傷し、歯が生着されにくくなってしまいます。 歯が欠けた場合は、その欠け方により治療が異なって来ます。根にまで掛けてしまった場合は残念ながら抜歯をしなければならない場合があります。歯冠部にとどまっていれば歯を削ったりして、いわゆる虫歯の治療と同じ治療を行うことになります。

義歯(入れ歯)

当院では、保険診療が適用できるレジン樹脂の入れ歯から、金属や特殊素材などを使い、お口により自然にフィットする入れ歯まで、さまざまな入れ歯をそろえています。 それぞれの特徴を説明し、患者様の要望に沿って最適な入れ歯をご提案します。

インプラント

当院では、インプラントを強くお勧めすることはありません。 インプラントは治療費が高く、また施術後には定期的なメンテナンスを行う必要もあります。そのため、入れ歯など他の選択肢をご提案する場合も少なくありません。

インプラントは、ただ入れればいいというものではなく、入れた後のメンテナンスが非常に重要です。お手入れを怠ると、インプラントの周囲が炎症を起こしたりして、インプラントを失う事もあります。 そのため当院では、インプラントを検討されている患者様には、口腔に対する意識(デンタルIQ)を高く持っていただくよう、お願いしています。

インプラント治療を行う院の選び方をアドバイス

当院の院長は、日本口腔外科学会認定の「口腔外科専門医」です。口腔外科専門医で開業している歯科医師は、三重県下で8名しかおりません。インプラント治療には多くの知識・経験が必要なので、出来る限り、専門医の元で治療をお勧めします。
また、インプラントにはメリット、デメリットがあります。「何が何でもインプラント」という姿勢の医院は問題があると考えます。また、その歯科医院のインプラント治療の実力を知ることも必要と考えます。その医院では今まで何人くらいの患者様に何本くらいのインプラントを行った経験があるか、そしてその中で何本くらいのインプラントが5年間機能しているかなど尋ねられると良いと思います。

豆知識・・・!

  • 口腔外科専門医になるためには以下の厳正な審査・試験の合格者のみ有することができます。
    (三重県下で開業医では8名しかおりません)
  • 6年以上の学会に所属・研修(学会参加、研修会参加、全身管理研修、救急救命研修)
  • 100例以上の全身麻酔手術執刀(そのうち40例以上が難易度の高い手術)
  • 50例以上の入院症例の全身管理
  • 10例以上の口腔外科症例の管理・診断
  • 3編以上の口腔外科に関する学術論文の発表
  • 筆記試験・口頭試問に合格
  • 手術実地試験に合格

他院でのインプラントがしっくりこない場合ご相談に乗っていただけますか?

ある程度は可能ですが、できれば処置をした歯科医院で調整していただく方が無難です。 なぜなら、インプラントのシステムには非常に多くの種類があり、当院で使用する器具がそのまま使えない場合もあるからです。 転勤などでどうしても本来の医院に通えない事情がある時は、同じシステムを使用している歯科医院を探すなど、アドバイスを差し上げることは可能です。